黄色の錠剤と薬のスプーン
  • ホーム
  • 医療と早寝と吐き気について

医療と早寝と吐き気について

白と青のカプセル

お酒を飲みすぎたり、食事を食べ過ぎたり、乗り物酔いをした時など、吐き気を感じて焦ることはあります。
具合が悪くなって吐き気を感じたら、体をできるだけ楽にさせることが大事であり、横になって安静にしましょう。
寒気を感じる時には体を温めて、衣類の締めつけは緩めて安静にすることです。
消化促進効果があるので、横になるときは右側を下にして寝転がるといいです。

吐き気を感じて具合が悪いなと感じ始めたら、ミントの香りを味方につけるといいです。
ミントのタブレットやガムを、カバンに入れておくと便利です。
ミントの香りは、吐き気を治すのに役立つと言われているからです。
ミント系の爽やかな香りは、リラックス効果をもたらしますから、良い影響を与えやすくなります。

いつまでも吐き気が治まらないときは、医療機関へ行きましょう。
一時的に落ち着いたものの、胃に不快感が残る時も、念のため医療機関で検査をしてもらうほうが安心です、体内のことは調べてみないとわからない部分があるので、不安を感じたら医療機関を受診することです。

日頃から体調不良を起こしにくくするために、早寝早起きの習慣を付けるといいです。
早寝早起きは子供の習慣のようですが、大人にこそこういった習慣は大事であり、健康管理の基本にもなります。
体内時計が狂うと、体調も傾いてきます。
早寝をして疲れを睡眠でリセットしましょう。

人間の体というのは、夜の睡眠を取っている時に、いろいろな修繕が行われますし、ホルモンの分泌も行われています。
夜の時間に深夜まで夜ふかしをするのは、いずれ健康にもマイナスの結果をもたらすことにつながります。
健康には、睡眠がとても大切ですから、睡眠不足にならないようにしましょう。

関連記事