黄色の錠剤と薬のスプーン

医療点数と医薬品の関係

患者と話している医者

医療機関に行って医師の診断を受けたり、医薬品の処方を受けたりすると領収書には診療報酬点数が記載されています。
医療点数と呼ばれることもあるこの点数は医療行為に対して定められた点数であり、どのようなことをしてもらったかによって、その一つ一つについての点数が合計されていきます。
その合計点数について1点を10円として計算したものが診療報酬として医療機関が受領する金額となります。

しかし、その金額を必ずしも受診した人が支払わなければならないわけではなく、自己負担金は典型的にはその3割となっています。
これは国民は皆、健康保険に加入しているからであり、残りについては診療報酬明細書を病院などが審査支払機関に提出することによって審査が行われ、保険者に対して提出されて請求が行われることにより支払いが行われます。
こういったシステムが取られているのが日本の医療制度であり、その点数に影響するものには医薬品も含まれています。

医薬品には薬価が定められており、やはり点数によって表記されています。
換算についても同様であって1点が10円に相当し、薬局に行って処方箋を渡して購入する際に必要となる金額に影響しています。
その際にも健康保険の適用を受けられるものであれば3割負担でよいという形になり、残りについては保険者が支払うという仕組みになっています。

ただし、薬局で処方箋によって医薬品を購入する際には調剤基本料もかかります。
そのため、実際に購入者が支払う金額は医薬品の薬価に基づく価格よりも高くなってしまうのが一般的です。
また、入院して医療機関内で医薬品が使用される場合には薬局に行く必要がなく、その会計の際に薬価に基づいて計算が行われることになります。

関連記事
  • 手を出している医者
    医療の発達と医薬品の開発 医療の発達によって一昔前には治療が難しかった病気もだんだんと治療ができるようになったり、進行を止める... 2018年11月26日
  • 白と青のカプセル
    医療と早寝と吐き気について お酒を飲みすぎたり、食事を食べ過ぎたり、乗り物酔いをした時など、吐き気を感じて焦ることはあります。 ... 2018年12月13日
サイト内検索
最近の投稿